病原体

すべての動物は性行為によって子孫を残していく本能を持っていますので、性行為をすることは自然の営みです。ただ、動物では繁殖期と呼ばれる性衝動が起こる時期がある程度特定されていることが多いのに対して、人間は常に発情できるという特徴があります。人間における性衝動の特徴は性的な要因を視覚などから得ることで興奮するためですが、この常に性行為を行えるという能力が、男女を問わず誰もが性病にかかる可能性を生むことへとつながっています。

性病には数多くの種類があり、もっとも典型的な感染は性行為によるものです。ただ、性行為とはまったく無縁の要素や場所から感染することもあるため、性行為とは全く関係のない子供に発症する性病もあるので、この感染源という点には注意が必要です。性病の種類は非常に多く、その中には性行為以外でも罹患する可能性がある病気もあるという知識を持っていると、もしも性行為をした経験がない場合や、さらには子供に性病に似た症状が出たときに、もしかしたらと疑うことができます。

年齢や性別、性行為をしたか否かにかかわらず感染する性病には、必ずといっていいほど感染しやすい場所や取った行動が原因となっているのが特徴で、自分や子供の最近の行動を振り返ってみると何か思い当たる節があるかもしれません。もしかしてと気づくためには、性病の種類とその特徴、さらにはどのような症状が出るのかといったことを事前に知っておくことが大事で、知っておくことで早めに対処が可能となります。

性病はどうしても陰部に発症するというイメージがありますが、実際のところは病気の種類によって病状が出る体の部位はさまざまで、これがしばしば発見の遅れにつながることがあります。性的なイメージが先行するのは致し方ないものの、体の他の場所にも症状はあらわれるということも併せて知っておくとより早く処置が受けられ、早期に治療を終えられることにつながります。

性行為によってのみ感染し、発症する病気もあれば、全く関係ない行動が原因で罹患する病気もあることが、性病が誰にでもかかる可能性があると言われる最大の理由です。誰でもかかる可能性がある以上は、もしもかかった場合に性病と判断できるだけの知識を持っているか否かが明暗を分けることになります。こんなことが原因で感染するなんて思いもしなかったという感染原因も少なくないことから、知識を深めておくことが自分自身を、そしてパートナーがいる時には相手を守ることにもつながります。

記事一覧
カンジダの治療に効果的なカーネステンクリームについて詳しく学ぼう 2020年04月21日

カンジダが疑われる場合には、医療機関に行って専門の治療を受けることが大事です。繰り返し発症する再発しやすい病気のため、発症したときにその都度、しっかりと治療をすることが再発防止にもつながります。カンジダ治療では主に2種類の薬が使われるのが一般的で、膣に入れる錠剤と塗り薬を併用します。カンジダ治療薬と...

カーネステン膣錠の正しい使い方と注意点について知っておこう 2020年06月17日

カーネステン膣錠は、カンジダ症の治療においてカーネステンクリームと同時に用いて治療されることが多いのが特徴です。1日に1回、膣のできるだけ奥深くに挿入して用いることによって、膣の内部に異常に増殖したカンジダ菌の増殖を食い止め、死滅させていきます。そのため、できるだけ膣の奥深くに入れることがより効果を...

カーネステンクリームの使用によって起こる可能性がある副作用とは? 2020年05月18日

カーネステンクリームは体に優しい成分を使って作られた薬のため、安心して使えるのが最大の特徴ですが、薬である以上はどうしても副作用が出る可能性は否定できません。カーネステンクリームを使用した場合に起こる副作用としては、刺激を感じたり熱くなったり、さらには疼痛のような痛みを感じることがあります。塗ったこ...

よく聞くカンジダとはどのような症状なの?痛みや痒みはある 2020年04月17日

カンジダは医学的には性器カンジダ症と診断される性病で、女性に特に多くみられるのが特徴です。しばしば膣カンジダと呼ばれるのは、カンジダ症の原因となるカンジダ菌が女性の膣内と外陰部に感染し、症状を引き起こすからです。そもそもの病原菌は真菌と呼ばれるカビの一種で、もともと膣の中に存在している常在菌なのです...

男女別かかりやすい性病ランキングとは?知識を得て予防につなげよう! 2020年04月14日

性病の多くは男女のどちらにも感染し、性行為から広がって行くのが特徴です。その中でも、男女別でかかりやすい性病があり、男性と女性でどの性病が多いのかをランキングで知ることで、なぜその性病が多いのかや原因は何なのかという知識を得ることができます。性病にかかる原因の知識を持っていれば、どうすれば感染を防げ...

症状を疑ったときは活用したい性病の検査キットの使い方とは? 2020年04月12日

もしかして性病かもしれないと不安に感じたとしても、そうでないかもしれないという気持ちが勝り、医療機関を受診するのがどうしても遅れてしまいがちになるのが、性病を重症化させてしまう大きな理由です。そんなときは、まずは自分で検査ができる性病かどうかを調べる検査キットを活用するのもいいでしょう。検査キットは...