• ホーム
  • よく聞くカンジダとはどのような症状なの?痛みや痒みはある

よく聞くカンジダとはどのような症状なの?痛みや痒みはある

ピンクのカプセル

カンジダは医学的には性器カンジダ症と診断される性病で、女性に特に多くみられるのが特徴です。しばしば膣カンジダと呼ばれるのは、カンジダ症の原因となるカンジダ菌が女性の膣内と外陰部に感染し、症状を引き起こすからです。

そもそもの病原菌は真菌と呼ばれるカビの一種で、もともと膣の中に存在している常在菌なのですが、何らかの原因で膣の内部で異常に増殖することがあり、これによって症状があらわれた場合にカンジダ症と診断されます。女性の膣の中にいる常在菌のために、性交渉に関係なく発症することから女性の性器に関与する感染症としては非常にポピュラーで、いったん治っても再発することも多く、悩まされている女性は少なくありません。

発症した際の症状で最も多いのが膣および外陰部の痒みで、性交時に痛みを感じることがあります。通常、健康な膣から出てくるおりものは無色透明ですが、カンジダ症を発症すると色が白くなり、ヨーグルトやカッテージチーズのような状態に変化し、量も増えるのも典型的な症状です。

膣や外陰部に痒みだけでなく痛みや灼熱感を感じることがあり、腫れたり赤くなったりといった症状もあらわれます。痒みが起こった時点でかなりつらいことから、我慢しているとつい引っ掻いてしまったりしがちで、外陰部にさらに傷や腫れを作ってしまうという二次被害が多いのも特徴です。

性行為によって感染する性病ではありますが、感染原因は非常に多く、そのほとんどが女性本人の体調が原因となるのが、他の性病とは大きく異なる点です。もともと常在菌として体の中にいるため、疲れがたまったり風邪を引いたり、あるいは強いストレスを受けたりなどして免疫力が落ちると、カンジダ菌が急激に増殖してしまいます。

厄介な点としては、細菌による病気に罹患した際に投与される抗生剤によって死滅させたい細菌以外の、体に必要な菌まで殺してしまうことで、これによって菌の交代現象が起こって急激な増殖につながるケースもあります。

女性に多いカンジダ症ですが、感染率は低いものの男性も発症する病気で、主に女性から感染するケースがほとんどです。菌が陰茎内部に長くとどまってしまう包茎状態や、糖尿病を患っている場合、さらにステロイド剤の投与を受けている男性に発症率が高くなります。

病原菌となっているのは日和見菌のため、免疫力が勝っていれば自然に治ることもありますが、強い痒みがある場合には医療機関での治療が不可欠です。

関連記事
カンジダの治療に効果的なカーネステンクリームについて詳しく学ぼう 2020年04月21日

カンジダが疑われる場合には、医療機関に行って専門の治療を受けることが大事です。繰り返し発症する再発しやすい病気のため、発症したときにその都度、しっかりと治療をすることが再発防止にもつながります。カンジダ治療では主に2種類の薬が使われるのが一般的で、膣に入れる錠剤と塗り薬を併用します。カンジダ治療薬と...

カーネステンクリームの使用によって起こる可能性がある副作用とは? 2020年05月18日

カーネステンクリームは体に優しい成分を使って作られた薬のため、安心して使えるのが最大の特徴ですが、薬である以上はどうしても副作用が出る可能性は否定できません。カーネステンクリームを使用した場合に起こる副作用としては、刺激を感じたり熱くなったり、さらには疼痛のような痛みを感じることがあります。塗ったこ...

男女別かかりやすい性病ランキングとは?知識を得て予防につなげよう! 2020年04月14日

性病の多くは男女のどちらにも感染し、性行為から広がって行くのが特徴です。その中でも、男女別でかかりやすい性病があり、男性と女性でどの性病が多いのかをランキングで知ることで、なぜその性病が多いのかや原因は何なのかという知識を得ることができます。性病にかかる原因の知識を持っていれば、どうすれば感染を防げ...

症状を疑ったときは活用したい性病の検査キットの使い方とは? 2020年04月12日

もしかして性病かもしれないと不安に感じたとしても、そうでないかもしれないという気持ちが勝り、医療機関を受診するのがどうしても遅れてしまいがちになるのが、性病を重症化させてしまう大きな理由です。そんなときは、まずは自分で検査ができる性病かどうかを調べる検査キットを活用するのもいいでしょう。検査キットは...