• ホーム
  • カーネステンクリームの使用によって起こる可能性がある副作用とは?

カーネステンクリームの使用によって起こる可能性がある副作用とは?

カーネステンクリームは体に優しい成分を使って作られた薬のため、安心して使えるのが最大の特徴ですが、薬である以上はどうしても副作用が出る可能性は否定できません。カーネステンクリームを使用した場合に起こる副作用としては、刺激を感じたり熱くなったり、さらには疼痛のような痛みを感じることがあります。塗ったことで赤くなる発赤や紅斑があらわれたり、炎症が起こるケースもありますので、これらの症状が出たら使用を中止して医師に相談しましょう。

ただれを起こすびらんや、丘疹と呼ばれる皮膚の表面が直径1㎝以下程度に盛り上がることもあり、これらがカーネステンクリームを使用した際に起こりうる可能性がある副作用となります。あらかじめこうしたカーネステンクリームを用いたときに起こるかもしれない副作用の症状を知っておくと、おかしいと感じたらすぐに使用をストップして医療機関に相談に行けます。結果として、さらに重篤な症状となることを未然に食い止めることができるでしょう。

カンジダ症が悪化している場合にはすでに外陰部にびらん、いわゆるただれが起こっていることがよくありますので、強い力で塗ることで悪化させるケースもあります。カーネステンクリームは基本的に治療が必要な部分に薄く伸ばして塗る薬で、多めに塗ったり早く治したいからと強く塗りこみすぎると、逆に悪化させてしまいかねません。

副作用かどうかが自分ではっきりしないときは、薬を処方してもらった医師はもちろんですが、薬剤師に相談するのもいいでしょう。カーネステンクリームは通販を利用することで購入ができますので、購入元に問い合わせるという方法もあります。薬剤に対して過敏症を持っている人は副作用が出やすい傾向がありますので、使用を差し控えるのが賢明です。なお、妊娠している可能性がある女性や妊婦は医師と相談しながら用いることで、カーネステンクリームによって引き起こされる副作用を回避することが可能です。

カーネステンクリームが付着した手で目を触ると角膜や結膜に害をもたらすため、塗ったらすぐに手を洗うなどして、偶発的に起こる副作用の要素を退けることも重要です。飲み薬とは異なり、カーネステンクリームは外陰部や膣の周辺といった限られた場所に塗布することから、リスクの低い安全性の高い薬ですが、使用にあたってはもしかしたら副作用が出るかもしれないと考えて症状を知っておくと、より安心して使えるでしょう。

関連記事
カンジダの治療に効果的なカーネステンクリームについて詳しく学ぼう 2020年04月21日

カンジダが疑われる場合には、医療機関に行って専門の治療を受けることが大事です。繰り返し発症する再発しやすい病気のため、発症したときにその都度、しっかりと治療をすることが再発防止にもつながります。カンジダ治療では主に2種類の薬が使われるのが一般的で、膣に入れる錠剤と塗り薬を併用します。カンジダ治療薬と...

よく聞くカンジダとはどのような症状なの?痛みや痒みはある 2020年04月17日

カンジダは医学的には性器カンジダ症と診断される性病で、女性に特に多くみられるのが特徴です。しばしば膣カンジダと呼ばれるのは、カンジダ症の原因となるカンジダ菌が女性の膣内と外陰部に感染し、症状を引き起こすからです。そもそもの病原菌は真菌と呼ばれるカビの一種で、もともと膣の中に存在している常在菌なのです...

男女別かかりやすい性病ランキングとは?知識を得て予防につなげよう! 2020年04月14日

性病の多くは男女のどちらにも感染し、性行為から広がって行くのが特徴です。その中でも、男女別でかかりやすい性病があり、男性と女性でどの性病が多いのかをランキングで知ることで、なぜその性病が多いのかや原因は何なのかという知識を得ることができます。性病にかかる原因の知識を持っていれば、どうすれば感染を防げ...

症状を疑ったときは活用したい性病の検査キットの使い方とは? 2020年04月12日

もしかして性病かもしれないと不安に感じたとしても、そうでないかもしれないという気持ちが勝り、医療機関を受診するのがどうしても遅れてしまいがちになるのが、性病を重症化させてしまう大きな理由です。そんなときは、まずは自分で検査ができる性病かどうかを調べる検査キットを活用するのもいいでしょう。検査キットは...